歯医者の長い歴史を紐解く

虫歯と歯周病は知名度が高く、誰でもなり得る疾患です。しかしこれらの疾患はいつ、どんなタイミングで発症するのでしょうか? そもそも歯周病の症状を理解していない方は大勢います。今一度歯周病について見直してみるのも良いでしょう。勝つ為には敵を知る必要があります。

本当は怖い?歯周病とは?

歯学が発達し、今の様な治療を受けられる様になったのは明治時代に入ってからですが、歯医者というのは古くからある職業でした。歯医者といってもやる事は抜歯のみで「歯抜き屋」と呼ばれ、古代エジプト時代には既にありました。当時は歯科医師免許などもありませんので、手先が器用な美容師が抜歯するケースがほとんどだと言われていました。

紀元前450年ごろには歯や口腔内の病気、または歯はどうやって出来たのか。歯の治療についての書物が残っています。25~50年になると虫歯や歯周病についての知識、または口腔衛生の必要性を説いたものが残っていて人類は早い段階から歯について様々な治療を施していた様です。ちなみに歯医者が生まれたのもこの時代で、虫歯にクラウンを被せる治療や入れ歯の製作も行っていました。

900年ごろになると歯の解剖・下顎の運動の様子を記載した著書が公開され、医学書にも歯科治療について掲載され歯医者という概念が固まっていきました。しかしこの時代の歯医者を利用出来るのは王族や貴族といったほんの一握りの人々でした。庶民は今でいう爪楊枝に似たものでセルフケアを行い、虫歯や歯周病を防いでいました。

国内で歯医者が一般的になったのは1600年辺り、江戸時代です。治療方法は薬物の服装や抜歯、木製の入れ歯を使うのがポピュラーで内科医・外科医が治療を受付していました。1800年には西洋医学を取り入れながら、現在の歯医者や治療を確立しました。

こんな歯医者はNG!

地域によってはコンビニエンスストアも多く立地していると言われている歯医者。数多くの中から自分に合った歯医者を見極めなければなりません。 良い歯医者の情報を知るのも良いですが、絶対に選んではいけないNG歯医者についても知っておけば、大きなリスクを回避出来ます。

自分に合った歯医者を選ぼう!

歯医者によって受付している診療科目や理念、治療方法は全く違います。その上で自分に合った歯医者を見つける為には、どんなポイントをチェックすべきでしょうか? 歯周病治療は1度で終わるものでは無いので治療方法はもちろんの事、ライフスタイルに合ったところを選択しましょう。